アルコール依存症の治療

アルコール依存症の治療と自助グループ|アルコール依存症の治療

アルコール依存症の治療は早い時期からの自助グループ参加が重要

アルコール依存症の治療において
「自助グループ」というものがありますが、
これに早い時期から参加することが、早期の回復にとって大変重要です。

 

アルコール依存症の入院治療では
治療だけでなくミーティングやスポーツなど
多様なプログラムによる患者同士の交流が用意されますが、

 

通院治療の場合には
家と病院との往復だけの生活スタイルになりがちです。

 

アルコール依存症のご家族を心配するあなたのような方の
支えがあるといいのですが

 

そのような方がいない家庭では
お酒の誘惑に負けてしまう恐れがあります。

 

決めた断酒のルールを、いろいろな言い訳を作って
破ってしまうかもしれません。

 

そのためご家族がアルコール依存症の
専門治療を開始したら、
できるだけ同じタイミングで
断酒会やAAなどの自助グループに参加してもらい
なるべく頻繁に通ってもらうことが大切です。

 

断酒をたった一人の力で続けていくのは
非常に困難なことだからです。

 

あなたのアルコール依存症のご家族が
自助グループ内の、同じようにアルコール依存症に苦しむ仲間に
胸の内をさらけ出すことで

 

気持ちが楽になり
つい飲酒に傾いてしまう「気持ちの癖」を
紛らすことができます。

 

自助グループに入ることのメリットは他にもあり
あなたのアルコール依存症のご家族の方が自分の飲酒問題に対する意識を深められ、
さらに断酒に成功した「先輩たち」を見ることで
とても良い刺激が受けられるということが
最大のメリットといえます。

 

ご家族の飲酒問題に気付いた場合
アルコール依存症の症状が軽いうちに自助グループに入ることを
勧めるのが理想的です。
参加の条件として治療の有無は問いません。

 

そしてあなたも、精神化の家族向けの治療プログラムや
断酒会の家族例会、アラノンなどに
早くから参加することで
アルコール依存症のご家族に対する過剰な悩みや心配から
早く救われるはずです。

だれでも出来る、”お酒を減らす心の作り方” >>>方法こちら

ホーム RSS購読 サイトマップ